京都の北区から京都・大阪・滋賀まで税務の安心をご提供

一時支援金の事前確認お受けしています

一時支援金の事前確認受付は6月11日で締め切りました。

引き続き月次支援金の事前確認を受け付けております。
月次支援金の申請を行うには、事前に登録確認機関で確認を受ける必要があります。
当事務所では顧問先様をはじめ、全ての方の事前確認をお受けしています。事前確認は無料で行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

月次支援金の事前確認受付期限
4・5月分:8月10日 受付終了しました
6月分:8月26日 受付終了しました
7月分:9月27日
8月分:10月26日

事前確認に必要な書類は事務局のウェブサイトにてご確認お願いいたします。

https://ichijishienkin.go.jp/getsujishienkin/prior_confirmation/required.html

確認書類の一つ、確定申告書の控えについて電子申告を行っている方は、右上に受付日時の記載のある控えをお持ち下さい。

受付日時の印字の無い場合は受付システムのメール詳細を印刷してお持ち下さい。その場でスマホ等でログインして画面を見せて頂いても結構です。

織物の町京都の西陣で西陣織に携わるお客様とともに昭和48年に創業。
京都市の中心に近い上京区から京都市北部の北区鴨川のそばに事務所を移し、今までと変わらない税務を始め様々なサービスを行ってい、今では多種多様な業種のお客様とつながることができ、京都市内はもちろん大阪・滋賀でも業務を行っています。

記帳サービスは様々な方法でお受けします

お伺いしてそのまま記帳作業を開始。お忙しいときは資料だけご用意下さい。記帳作業完了後すぐに試算表を出力して業務成績をディスカッションすることができます。

お客様に経理スタッフがいらっしゃるときはデータを事務所まで送信して下さい。送信するのが厄介なものは郵送や宅配便で。毎度の訪問が煩わしいお客様やお忙しくて時間の取れないお客様ににおすすめです。

少人数過ぎて経理どころか書類の山になっているお客様には、事務所にて書類を整理し記帳まで完了できるサービスも行っています。お客様にお願いするのは決められた場所に会社に関係する書類を溜めて頂くだけ。

遠方のお客様に対しても定期的にきっちりご訪問しています

お客様のお話しを直接お聞きするのも大切な業務の一つ。
遠方なお客様でも定期的なご訪問は欠かしません。

記帳だけのお仕事でしたら定期的な訪問は必要ないかもしれません。しかし、税理士事務所として顧問契約いただくからには定期的な業績のご報告は重要な仕事の一つです。
直接お会いして打ち合わせすることで、お客様の状況の把握に努め、少しでも経営のヒントにしていただきたいと考えております。

MENU
PAGE TOP